シミ(しみ)の原因

シミは紫外線が原因でできやすくなります。それに加えて生活習慣や、年齢的な部分でも関係しています。
紫外線には、UVAとUVB、UVCがありますが、シミに関係する紫外線というのはUVBです。UVBを浴びると、活性酸素というシミに関係する物質が作られ、メラニン色素を過剰に作りだしてしまいます。その結果、シミを作ってしまうことになります。

シミを作らない対策

シミの大敵は紫外線です。外に出る時は必ず紫外線対策をしたいものです。日焼け止めを塗るのは当たり前ですが、日焼け止め自体も3時間程度しか持ちません。日焼け止めは頻繁に塗りなおさなければいけません。更に日傘などでなるべく日光に当たらないようにしましょう。とはいっても、紫外線の反射などでどうしても少なからず影響は受けます。

シミの消し方

シミは一度できてしまうと消すのはなかなか大変です。でもできてしまったものは仕方ありません。地道な作業になりますが、根気よくやれば消すことができますのでがんばって見ましょう。
シミ消しの基本の方法はスキンケアをしっかりすることです。日中は紫外線を防ぐために日焼け止めクリームを必ず塗る、角質がたまらないように正しく洗顔する、メイクはしっかり落として寝る、化粧水をたっぷり使って保湿、美容液でケアをする、など、当たり前のように感じられることですが、こういったことをきちんと続けることができれば、できてしまったシミもいつかは消えてくれるはずです
また化粧品などは、美白効果のあるものを使う方法をお勧めします。シミに効果があるビタミンCやLシステインなどが配合されたサプリメントなどを飲んでみるのもよいでしょう。
シミ取りクリームも効果的です。シミ取りクリームもいろいろなメーカーから多数出ていますので、アットコスメなどでクチコミを調べてみましょう。また効果には個人差もありますので、ご自分でも色々と試すことをオススメします。

スポンサードリンク

最後の手段レーザー治療

シミを簡単に消すにはレーザー治療がよいでしょう。レーザー治療の場合、レーザー照射部分がかさぶたになり、それが取れればシミ取り完了です。数日間はお化粧もできないようです。
美容整形でのレーザー治療はかなりの金額がしますので、皮膚科で診察を受けるほうがよいでしょう。大きいクリニックでしたらほとんどがレーザー治療をやってくれます。